MIROKU
HOME TOPICS お問い合わせ サイトマップ 株式会社 ミロク
企業情報
企業理念
行動規範
グループ事業概要
企業概要・沿革
製品情報
ショットガン&ライフル
工作機械
自動車関連製品
ミロモックル製品
上下二連銃の出来るまで
投資家情報
採用情報
鉄砲製品カタログサイト

Corporate
企業概要・沿革

会社の商号 株式会社ミロク(Miroku Corporation)
本社所在地 高知県南国市篠原537番地1
設 立 1946(昭和21)年7月5日[2003(平成15)年5月1日持株会社化]
資本金 863,126千円
発行済株式総数 15,027,209株
従業員数 500名[2014(平成26)年10月現在:連結対象子会社含む]
決算期 10月
株 式 東京証券取引所 市場第2部
事業内容 次の事業を営む会社およびこれに相当する事業を営む外国会社の株式を所有することにより、当該会社の事業活動を支配・管理する持株会社。
猟銃事業 :猟銃の製造及び販売
工作機械事業 :深孔加工機等工作機械・工具の製造及び販売
自動車関連事業 :自動車用部品の製造及び販売
その他事業 :木工製品の加工及び販売
主要取引銀行 四国銀行 高知銀行 商工組合中央金庫 三菱東京UFJ銀行
三菱UFJ信託銀行 みずほ銀行
役 員
代表取締役社長 弥勒 美彦
常務取締役 中澤 紀明
取締役 荒井 瑞夫
取締役 C.グブラモント
取締役 堀川 洋幸
取締役 楠瀬 正広
取締役 千頭 邦夫
取締役 C.クルーブン
常勤監査役 柏井 保信
監査役 小笠原 和男
監査役 福原 和彦


History
1893年 2月 高知県香美郡野市町にて創始者弥勒蔵次によって猟銃の生産を始める。
1934年 6月 小型ならびに大型捕鯨砲の製造を始める。
1946年 1月 高知市に株式会社ミロク工作所を設立。
1951年 3月 通商産業省令機26第1032号により、猟銃等製造事業の許可を受け、猟銃の生産を再開。
1960年 1月 本社工場を、高知市稲荷町180番地に移転。
1962年 9月 株式会社ミロク製作所に商号変更。
1963年10月 株式を大阪証券取引所市場第2部に上場。
1966年12月 米国ブローニング社と販売・技術提携。
1969年 4月 当社台木部門から独立し、株式会社ミロク銃床(1999年8月に株式会社ミロク精工に商号変更:連結子会社)を設立。
1970年10月 ベルギーFN社と技術提携。
1971年 3月 高知県高岡郡梼原町と合弁で株式会社梼原ミロク(連結子会社)を設立。
1971年11月 当社技術部門から独立し、ミロク機械株式会社(現連結子会社)を設立。
1972年 6月 本社工場を、高知県南国市篠原537番地1に移転。
1977年 3月 山本銃砲製作所(1981年12月に株式会社香北ミロクに商号を変更)の株式を取得。
1981年 2月 ミロク機械株式会社(現連結子会社)がミロク機販株式会社を設立。
1988年 9月 高知県安芸郡馬路村に株式会社馬路ミロク(連結子会社)を設立。
1999年11月 株式会社東海理化電機製作所、東海理化販売株式会社との共同出資で株式会社ミロクテクノウッドを設立、本格的に自動車用部品事業を開始。
2000年 5月 ミロク機販株式会社(2002年11月ミロク機械株式会社に吸収合併)が米国にMIROKU MACHINE TOOL, INC.(現連結子会社)を設立。
2003年 5月 商号を株式会社ミロクに変更。同時に持株会社方式による分社型新設分割により、株式会社ミロク製作所(現連結子会社)を設立し、営業の全てを承継。
2005年 9月 ミロク機械株式会社(現連結子会社)が品質マネジメントシステムISO9001認証取得。
2010年11月 株式会社香北ミロク(連結子会社)が株式会社ミロク精工(連結子会社)を吸収合併。商号を株式会社南国ミロク(現連結子会社)に変更。
2010年12月 株式会社馬路ミロク(連結子会社)の清算結了。
2011年11月 株式会社南国ミロク(現連結子会社)が株式会社梼原ミロク(連結子会社)を吸収合併。
2012年 1月 ミロク機械株式会社(現連結子会社)が中華人民共和国に弥勒深孔机械(太倉)有限公司を設立。(現非連結子会社)
2013年 7月 大阪証券取引所と東京証券取引所の現物市場統合に伴い東京証券取引所市場第2部に株式を上場。
2013年11月 株式会社ミロク工芸(現連結子会社)の株式を追加取得し、同社を完全子会社化。