株式会社ミロク

企業情報

ABOUT US

HISTORY

18932
高知県香美郡野市町にて創始者・弥勒蔵次が猟銃の生産を始める
19346
小型ならびに大型捕鯨砲の製造を始める

19467
高知県高知市に株式会社ミロク工作所を設立
19513
国内での銃器製造解禁に伴い、通商産業省より猟銃等製造事業の許可を取得。
猟銃の生産を再開
19601
本社工場を、高知県高知市稲荷町180番地に移転

19619
株式会社ミロク製作所に商号変更
196310
株式を大阪証券取引所市場第2部に上場

初代社長・弥勒武吉、勲五等双光旭日章を受賞(1965年)

196612
Browning社(米国)と販売・技術提携

196811
株式会社ミロクパーツを設立(現 株式会社南国ミロク)
19694
当社台木部門から独立し、株式会社ミロク銃床を設立
(1999年8月に株式会社ミロク精工に商号変更。 現 株式会社南国ミロク)

197010
FN HERSTAL社(ベルギー)と技術提携
19713
高知県高岡郡梼原町と合弁で株式会社梼原ミロク(現 株式会社南国ミロク)を設立

197111
当社生産技術部門から独立し、ミロク機械株式会社を設立
19726
本社工場を、高知県南国市篠原537番地1に移転

19773
山本銃砲製作所(1981年12月に株式会社香北ミロクに商号を変更)の株式を取得
19812
ミロク機械株式会社がミロク機販株式会社を設立

199712
株式会社香北ミロクが株式会社ミロクパーツを吸収合併
19985
株式会社ミロク銃床製のレバーコンビネーションスイッチが、
トヨタ自動車株式会社のプログレに採用される
199911
株式会社東海理化電機製作所、東海理化販売株式会社との共同出資で
株式会社ミロクテクノウッドを設立、本格的に自動車用部品事業を開始

20005
ミロク機販株式会社が米国にMIROKU MACHINE TOOL, INC.を設立
200211
ミロク機械株式会社がミロク機販株式会社を吸収合併
20035
商号を株式会社ミロクに変更。
同時に持株会社方式による分社型新設分割により、
株式会社ミロク製作所を設立。新会社が営業の全てを承継

201011
株式会社香北ミロクが株式会社ミロク精工を吸収合併し、
商号を株式会社南国ミロクに変更

201111
株式会社南国ミロクが株式会社梼原ミロクを吸収合併
20121
ミロク機械株式会社が中華人民共和国に弥勒深孔机械(太倉)有限公司を設立
20137
大阪証券取引所と東京証券取引所の現物市場統合に伴い
東京証券取引所市場第2部に株式を上場
201311
株式会社ミロク工芸の株式を追加取得し、同社を完全子会社化

20176
弥勒深孔机械(太倉)有限公司の清算結了