株式会社ミロク

MIROKU QUALITY

ミロククオリティ

「MIROKU QUALITY」。ミロクのすべての事業の基礎であり、支えているものは、創業以来1世紀以上にも及ぶ歴史と伝統によって培われてきた
「銃づくり」へのあくなき探求心。それは、技術、技法の追求、良いものを作ること、すなわち「モノづくりへのこだわり」です。
先人から連綿と受け継いできた、この「ミロクの誇り」を新しい世代に継承していく。さらに最先端の技術も積極的に取り入れ、
これからも、これまで以上に良いモノをお客様にお届けする。ミロクグループすべての社員が一つのこころで「誠実なモノづくり」に取り組んでいます。

匠の技と最新の工業技術の
ベストバランスの追求
猟銃事業

モノづくりに込められた匠の技と心。この2つが加わることで、「製品」は「芸術品」へと昇華します。猟銃に求められる「安全性」「命中性」「堅牢性」「芸術性」。1893年(明治26年)の創業以来、1世紀以上に及ぶ歴史と伝統に培われてきた匠の技と最新の工業技術の融合によって生み出されるミロクの猟銃は、世界のハンターおよびシューターからその高い品質と芸術性が認められています。つくり手の想いとこだわりを製品に余すことなく注ぎ込み、「手づくりの温もりとやさしさ」と「品質」を如何にして共存させていくか。それは私たちにとって永遠のテーマです。READ MORE

匠インタビュー

モノづくりの現場視点から生まれる
最良の技術を提供
工作機械事業

猟銃製造の現場で使用されてきたガンドリルマシンを、ミロク機械が商品化し販売を開始したのが1976年(昭和51年)。以来、自動車関連業界や半導体業界など様々な業界に導入され、金型、油圧機、薄型ディスプレイなど多種多様な穴開けに使用されています。.cont-pc猟銃という何よりも精度が要求されるモノづくりの現場から生まれたガンドリルマシン。その精度へのこだわりと妥協を許さない姿勢、ニーズに合わせたオーダーメイド対応力が、多くのお客様の製造現場を支えています。「モノづくりを熟知したミロクの機械だから安心」。そんなお客様の声が最大の喜びであり、私たちの誇りです。
一流ブランドも認める
「木」を極めた伝承技術
自動車関連事業

猟銃製造で培った木材加工技術を活かし、トヨタ自動車にとって初となる純木製ステアリングハンドルを1997年(平成9年)に納入開始。以降、自然の温もりと美しさ、強さを兼ね備えた猟銃にも用いられるウォールナット(胡桃)をはじめ、高級家具やバイオリンにも使用されるメイプル(楓)、日本の伝統工芸品などにも用いられるバンブー(竹)へと扱う素材の幅を広げてきました。温度や湿度により、形状が変化しやすい天然木を自在に扱い加工するミロクの「匠の技」とモノづくりへのこだわりは、トヨタブランド、レクサスブランドを通して世界のお客様に愛されています。

匠インタビュー
TAKUMI INTERVIEW

株式会社ミロクテクノウッド
生産部

大井隆雄

READ MORE